橋本まさるのフォトダイアリー

最近の県政の動きや知事としての活動をまとめた近況報告です。

2012-06-26

 

平成24年6月25日 茨城空港利用促進等協議会総会を開催

茨城空港利用促進等協議会の総会を開催した。
茨城空港は,平成22年3月の開港以来,着実に路線を増やすとともに,昨年は「Low Cost Airport of the Year 2011」にも選ばれた。
また,ターミナルビルでは様々なイベントを開催し,5月3日には開港からの来場者が通算200万人に達したほか,6月23日からは春秋航空の上海便が定期便化され,さらに7月から9月の間,スカイマークの沖縄便が季節定期便として運行される。
一方で,福島第一原子力発電所事故の影響により,アシアナ航空のソウル便の運休が続いている。
このため,国に対しては,海外への風評被害対策を強力に推進するよう要望しているところだ。
今後とも,国内外の航空会社に路線の開設や拡充を働きかけるとともに,就航先や県内外でのPRに努め,多くの皆さんに茨城空港をご利用いただけるよう取り組んでいきたい。
(写真:あいさつの様子)

2012-06-25

 

平成24年6月23日 常陸那珂港山方線開通式に出席

茨城港常陸那珂港区を南北に縦断する県道常陸那珂港山方線の約2.2km区間が開通した。
この路線は,茨城港常陸那珂港区と北関東自動車道とを直結する道路であるとともに,常陸那珂港区と,常陸太田市,那珂市,常陸大宮市などの県北内陸部とを結び,県北地域の一体的な発展に資する主要な幹線道路だ。
常陸那珂港区は,港湾の整備や臨港地区への世界的な建設機械メーカーの進出,北関東自動車道の全線開通に伴い,北関東地域や首都圏の物流拠点として,その役割がますます高まってきており,今年度からは,中央埠頭地区の水深12m岸壁の整備が,国の直轄事業として着手され,さらなる港湾機能の強化が図られることになっている。
今回の開通により,渋滞の緩和や利用者の安全性の向上はもとより,常陸那珂港区と北関東自動車道とがダイレクトに結ばれ,物流の効率化や港湾利用者の利便性の向上にも大きく寄与するものと期待している。
(写真:開通式テープカットの様子)

2012-06-19

 

平成24年6月18日 全国高校総合文化祭第1回実行委員会を開催

「第38回 全国高等学校総合文化祭茨城大会」の実行委員会を設立し,第1回委員会を開催した。
この大会は「文化部のインターハイ」とも呼ばれている高校生の芸術文化活動の祭典であり,平成26年7月に本県を会場に開催される。
大会では演劇や音楽,美術等の各部門に参加する約3千校,約2万人の高校生が全国各地や海外から集い,ハイレベルで質の高い発表・展示が行われるほか,県内からは約5千人の高校生が運営に参加し,延べ約10万人の観客が見込まれている。
準備委員会を平成22年度に設置し,これまで,大会のポスターやマスコットキャラクターの募集などを行ってきており,今回最優秀賞に選ばれた高校生への表彰も行った。
本県では,平成20年度に国民文化祭を開催しており,この時蒔かれた文化の種を,次世代の文化活動のリーダーとなる高校生に大きく育ててもらえるよう,大会の成功に向け万全を期していきたい。
(写真:受賞者の皆さんと)

2012-06-13

 

平成24年6月12日 「キズナ強化プロジェクト」の米国高校生が来庁

 「キズナ強化プロジェクト」により来日した米国の高校生の皆さんが,県庁に来てくれた。
このプロジェクトは,外務省の青少年交流事業として,海外の青少年に東日本大震災での被災状況と,日本の復興について理解を深めてもらい,帰国後に効果的な情報発信をしてもらうことを目的に,41の国・地域との間で実施されるものだ。
今回の本県への訪問は,このプロジェクトによる初めてのものであり,46名の高校生のうち代表者8名が県庁に来てくれた。
高校生の皆さんは,3日間本県に滞在し,北茨城市を視察するとともに県内の高校生との交流を行うことになっている。
今後も米国や韓国の高校生など約2000名が本県を訪れる予定になっており,こうした事業を通して,本県の頑張っている様子が外国に広がることを期待している。
(写真:米国高校生の皆さんと)

Archives

2005/09   2005/10   2005/11   2006/01   2006/02   2006/04   2006/05   2006/06   2006/07   2006/08   2006/09   2006/10   2007/01   2007/03   2007/05   2007/06   2007/07   2007/08   2007/09   2007/10   2007/11   2007/12   2008/01   2008/02   2008/03   2008/04   2008/05   2008/06   2008/07   2008/09   2008/10   2008/11   2008/12   2009/01   2009/02   2009/03   2009/04   2009/05   2009/06   2009/07   2009/08   2009/09   2009/10   2009/11   2009/12   2010/01   2010/02   2010/03   2010/04   2010/05   2010/06   2010/07   2010/08   2010/09   2010/10   2010/11   2010/12   2011/01   2011/02   2011/04   2011/05   2011/06   2011/07   2011/08   2011/09   2011/10   2011/11   2011/12   2012/01   2012/02   2012/03   2012/04   2012/05   2012/06   2012/07   2012/08   2012/09   2012/10   2012/11   2012/12   2013/01   2013/02   2013/03   2013/04   2013/05   2013/06   2013/07   2013/08   2013/09   2013/10   2013/11   2013/12   2014/01   2014/02   2014/03   2014/04   2014/05   2014/06   2014/07   2014/08   2014/09   2014/10   2014/11   2014/12   2015/01   2015/02   2015/03   2015/04   2015/05   2015/06   2015/07   2015/08   2015/09   2015/10   2015/11   2015/12   2016/01   2016/02   2016/03   2016/04   2016/05   2016/06   2016/07   2016/08   2016/09   2016/10   2016/11   2016/12   2017/01   2017/02   2017/03  

This page is powered by Blogger. Isn't yours?