橋本まさるのフォトダイアリー

最近の県政の動きや知事としての活動をまとめた近況報告です。

2010-06-28

 

平成22年6月28日 茨城空港利用促進等協議会を開催し,スカイマーク茨城-神戸便の運航継続の要望書提出を決議


 茨城空港利用促進等協議会の総会を開催し,空港の利用促進や路線の確保についてこれまでの取り組みを報告するとともに,先日のスカイマーク社から発表された茨城-神戸便の運航休止に対し,協議会として運航継続を求める要望を行うことを決議した。
 神戸便はこれまでも順調な運航実績を挙げており,スカイマーク社とも,今後,どのような路線を新たに設定していくかという前向きな話をしていた矢先のことであったため,運航休止に関しては大変驚いている。
 基地による運航上の制約など,今年は共用化1年目ということで,いろいろと調整にも時間がかかっていることもあるかと思うが,計画的運航を確保し,利用者の便宜を第一に考えていくことが必要である。
 神戸便は,県内をはじめ多くの皆様にご利用いただいているところであり,私としても関係者間の調整が早急に進められるよう働きかけるなど,スカイマーク社に運休の決定を取りやめていただけるよう努力をしていく。           
  (写真:あいさつの様子)

2010-06-22

 

平成22年6月22日 中国天津市と環境協力に関する覚書を締結



 県では経済産業省が進めている日中循環型都市協力事業に昨年度から協力している。
 この度,環境分野におけるモデル事業の実現可能性の調査や県からの専門家派遣など具体的な活動を実施するにあたり,中国天津市と環境協力に関する覚書を締結した。
 本県には,つくばや東海などの科学技術の集積や,日立や鹿島の企業が有する先進的な環境技術等があることから,これらを天津市へ紹介し,一緒に低炭素・循環型社会の構築をめざして取り組みを進めてまいりたい。
 また,本県企業の環境ビジネスの拡大や,国際交流につながることを期待している。(写真左:黄天津市長と会談)

2010-06-21

 

平成22年6月21日 (株)日立製作所ひたちなか総合病院竣工式に出席


 (株)日立製作所ひたちなか総合病院竣工式に出席した。
 当病院は,常陸太田・ひたちなか医療圏に位置しており,これまで水戸総合病院として地域医療の中核をになってきている。
 この度の新築移転に際して,県としては,災害時の対応や救急医療,がん治療などの機能の充実強化を図るため,原子力安全等推進基金を活用し補助を行ったところである。
 県民の皆様に安心・安全な質の高い医療を提供するため,関係者との協力のもと,これからも地域医療の充実に全力で取り組んでいきたい。(写真:テープカットの様子)

2010-06-17

 

平成22年6月17日 全国知事会「エネルギー・環境問題特別委員会」開催


 私が委員長を務める全国知事会「エネルギー・環境問題特別委員会」を開催し,「平成23年度国の施策並びに予算に関する提案・要望(案)」について協議を行った。
 昨年度まで,資源エネルギー対策や地球温暖化,生物多様性保全を中心とした,環境保全対策の推進について要望を行ってきた。今年度は,国のエネルギー基本計画の改定が行われていることから,環境・エネルギー分野での経済成長の実現とエネルギー産業構造の変化という視点を加えた政策要望を検討した。
 今後,各県知事の意見も踏まえながら要望をとりまとめ,7月に行われる全国知事会議へ諮ることとしたい。

2010-06-08

 

平成22年6月8日 「第26回茨城県郷土工芸品展」・「いばらきお菓子大集合展」・「茨城グルメ市」を開催



 6月8日から13日までの6日間,県庁舎2階県民ホールにおいて,「第26回茨城県郷土工芸品展」等を開催した。
 期間中は,販売だけでなく製作実演や体験教室なども行い,来場された方々にも楽しんでいただいた。
 現在,県では「笠間焼」など46品目を郷土工芸品として指定している。これらは郷土の風土や生活の営みの中で受け継がれてきた貴重な地場産業であり,1つ1つに込められている匠の技を,ご覧いただいた多くの方々にご理解をいただけたと思う。
 また,同時開催された「いばらきお菓子大集合展」や「いばらきグルメ市」では,県内の菓子業者の自慢のスイーツや特産品を利用した弁当などが販売され,茨城の味を知っていただく機会となった。
(写真左:あいさつ 写真右:出展者の説明を受ける様子)

2010-06-06

 

平成22年6月6日  春秋航空が茨城空港への就航を表明



 中国のLCCである春秋航空が,茨城空港への就航を表明してくれた。春秋航空は,国際展開の予定があり,LCC対応になっている茨城空港に非常に興味を示してくれていたため,昨年からいろいろと話をさせていただいてきた。
 私も上海を訪問し,王董事長(とうじちょう・(会長の意味))と最終的な調整を行い合意に至ったものである。こちらの熱意が通じて,就航を決定していただいたことに対して大変ありがたく思っており,またうれしく感じている。
 当面,7月末から2ヶ月間プログラムチャーター便による茨城-上海便の運航を予定しているが,早期に定期便となってくれることを期待している。
 7月からは中国人の個人ビザの発給要件が緩和されることもあり,経済発展の著しい中国との間の旅客需要は一層伸びていくと予想される。春秋航空とも協力して,茨城-上海便を大いに発展させていきたい。           
(写真左:覚書を締結,写真右:記者会見の様子)

Archives

2005/09   2005/10   2005/11   2006/01   2006/02   2006/04   2006/05   2006/06   2006/07   2006/08   2006/09   2006/10   2007/01   2007/03   2007/05   2007/06   2007/07   2007/08   2007/09   2007/10   2007/11   2007/12   2008/01   2008/02   2008/03   2008/04   2008/05   2008/06   2008/07   2008/09   2008/10   2008/11   2008/12   2009/01   2009/02   2009/03   2009/04   2009/05   2009/06   2009/07   2009/08   2009/09   2009/10   2009/11   2009/12   2010/01   2010/02   2010/03   2010/04   2010/05   2010/06   2010/07   2010/08   2010/09   2010/10   2010/11   2010/12   2011/01   2011/02   2011/04   2011/05   2011/06   2011/07   2011/08   2011/09   2011/10   2011/11   2011/12   2012/01   2012/02   2012/03   2012/04   2012/05   2012/06   2012/07   2012/08   2012/09   2012/10   2012/11   2012/12   2013/01   2013/02   2013/03   2013/04   2013/05   2013/06   2013/07   2013/08   2013/09   2013/10   2013/11   2013/12   2014/01   2014/02   2014/03   2014/04   2014/05   2014/06   2014/07   2014/08   2014/09   2014/10   2014/11   2014/12   2015/01   2015/02   2015/03   2015/04   2015/05   2015/06   2015/07   2015/08   2015/09   2015/10   2015/11   2015/12   2016/01   2016/02   2016/03   2016/04   2016/05   2016/06   2016/07   2016/08   2016/09   2016/10   2016/11   2016/12   2017/01   2017/02   2017/03  

This page is powered by Blogger. Isn't yours?